Sirius One ~おすすめの本や記事をわかりやすく紹介~

本のレビューを中心にビジネス・社会・エンタメに関連する情報を発信します

ぷよぷよのプロで飯は食っていけない件について

f:id:sirius-one:20190813205924j:plain

 

こんにちは、ぷよぷよの連鎖に快感を覚えはじめたKです。

 

Youtuberやプロゲーマーなど、10年前では想像できなかったビジネスが流行っております。

 

日本では、近年「ぷよぷよのプロ」という新たなカテゴリーが増えました。

 

現在28名SEGA公式プロが在席しているのですが(2018年8月時点)

 

果たして「ぷよぷよ」だけで飯は食っていけるのでしょうか?

 

答えは残念ながらNOです!

 

ちなみに、プロとして飯を食うためには、大会で優勝する必要があります。そのぷよぷよの公式大会は2ヶ月に1回程度開催されております。果たして、賞金はいかほどかというと、

 

その優勝賞金はなんと100万円!

2018年6月大会

 

結構な額に思えますが、月給に直すと約50万円。必ず優勝できればよいのですが、勝てる確率も考慮するとビジネス的には全然おいしくありません。

 

f:id:sirius-one:20190813211254j:plain

ぷよぷよ e-sportsの賞金早見表

引用元:ファミ通ドットコム 『ぷよぷよTGS 2018でのesports大会の開催やランキングポイント対象大会主催の公募など新情報を公開

https://www.famitsu.com/news/201808/20162638.html

 

確かに必ず優勝すればギリギリ飯は食えるかもしれませんが、現在のぷよぷよ界には、そのような圧倒的実力差を見せられるプロはおりません。

 

これには原因があり、公式大会では2本先取制を採用しております。

 

ご存知ない方にはイメージが湧かないとは思いますが、端的にいうと「最悪トータル5分にも満たない試合で終わっちゃう」ことを意味しています。

 

時の運も絡むこのゲームにおいては、いくら何でも実力差を発揮しにくいルールが、公式大会の現状となります。

 

つまり、常に優勝するのは不可能なのです。

 

もちろんプロゲーマーの皆さんも、ぷよぷよで飯を食っていけるだなんて思っておらず、意地とプライドをかけた戦いだと考えている人がほとんどです。

 

蛇足ですが、そんなプロプレイヤーの中に、有名なゲーム実況者「もこうさん」も含まれています。ぷよぷよに興味がない皆さんにも楽しめる内容だと思います。

 


【神回】もこう vsテトリス、過去最高の激戦。【ぷよぷよテトリスS】

 

私自身は、このeスポーツという文化に対してはまったく否定的な気持ちにはならず、むしろ「ドンドンやれ!」という思いでいっぱいです。

 

人を魅了するのは、スポーツや芸術に限った話ではありません。

 

もしかしたら、全く思いもしないジャンルがビジネスになる可能性だって十分にあるはずです。

 

今のところぷよぷよで飯を食うことはできませんが、そのうち日本でも本格的なプロゲーマーが現れ、新たな職業として輝くことを期待しています。

 

 

puyo.sega.jp

http://puyo.sega.jp/PuyoPuyo_eSports/